安全日でも避妊は必要

安全日=避妊ができる日なの?

「今日は安全日だから」と避妊をしないカップルがいます。しかし、安全日だからと言って避妊ができる日ではありません。

じつは安全日であっても避妊をしてしまう可能性は少なからずあります。

私のまわりでも安全日にも関わらず避妊せずに性交渉をして妊娠してしまった友人たちが数人いました。
安全日は自身では判断が難しいのです。

中には基礎体温を測っているという人もいますが、必ずしも正確な排卵日を知ることは難しいと言えます。

安全日とは一般的に生理前や生理終了後の時期を指すと言われています。

排卵日が終わった後、卵子の寿命は生理前に尽きてしまうと言います。また、生理が終わった後も子宮内膜が剥がれ落ちた後なので妊娠しづらいと考えられています。

女性の安全日は生理周期と関係していると言われていますが、ストレスや環境の変化によって排卵日が遅れたり、早まったりすることがある為正しい判断をすることができないのです。

つまり確実に妊娠しない日など存在しないのです。

安全日に妊娠の可能性もある

女性ができる避妊方法としてアフターピルを使う方法があります。アフターピルはその名の通り性交渉後(アフター)に使える避妊薬なのです。

彼と性交渉時に「コンドームが破損してしまった!」そんな時にアフターピルを服用すると高確率で避妊をすることができるのです。

アフターピルにもいくつか種類がありますが特に人気が高いのがアイピルです。

日本のジェネリック医薬品として認可されているアイピルは副作用も少なく、若い女性からも人気の高いアフターピルです。

そして私もアイピルを使っています。
避妊をする上でアフターピルは欠かせない避妊薬だと思います。

安心して使えるアイピルの秘密

安心して使えるアイピルの秘密

アイピルは世界で広く利用される人気のアフターピルです。それは、女性が安心して利用できる、アイピルならではの秘密があります。

1つは通販で買うことができる、ということがありますが他には一体どんなことがあるのでしょうか。

続きを読む

避妊が失敗!どうしよう?

避妊が失敗!どうしよう?

もし、性交渉を終えた後に避妊に失敗していることに気付いたら、すぐにアフターピルを服用しましょう。

避妊成功の為には、時間が大きく関わっています。それには購入方法も大切なカギになります。

続きを読む

使い方を間違えると妊娠する?

アフターピルの常用で避妊失敗、そして妊娠

性交渉後でも避妊が出来るアフターピル、だからといって毎回終わってから服用していいものではありません。

女性の身体にはとても負担の大きいものなのです。また、使い方を間違えた場合は妊娠の確率を上げることにもつながります。

続きを読む