安全日でも避妊は必要

避妊が失敗!どうしよう?

避妊が失敗!どうしよう?

「避妊が失敗していた!」性交渉が済んだ後に避妊がされていなかったことに気付いたらすぐにアフターピルを服用しましょう。
性交渉から72時間以内にアフターピルを服用しなければ妊娠してしまう可能性があります。

アフターピルは病院や産婦人科などで処方してもらうことができます。
急ぎで避妊をしたい場合はアフターピルを置いている病院で処方してもらうと良いでしょう。
ですがアフターピル自体取り扱っていない医療機関や医療保険が利かない医療機関が多いので手間も時間もかかってしまいます。

手間が掛かっている間にもアフターピルの避妊率は24時間内では9割、72時間以内で8割、120時間で5割と時間が経過するごとに避妊率が低下していくのです。

そして、事前に購入しておくことが大切です。しかし日本の医療機関では薬事法によって店頭販売がされていません。そこで通販を使う女性も多くいます。

通販ならアフターピルを取り扱っている通販サイトが沢山あるので簡単に購入することができるのです。

そして病院で購入するよりも安く購入できるのです。通販には保険証なども一切ないのです。

通販で購入する上で注意してほしいことも・・・

通販サイトでも詐欺サイトも存在するので注意が必要です。値段があまりにも安いと詐欺サイトの可能性もあり得ます。

またお客様窓口やインフォメーションが設けられていない場合も詐欺サイトである可能性が高いのです。

他にも、お届け日が早いサイトも注意が必要です。アフターピルは海外商品なので到着までに最短5日、ほとんどが1週間ほどかかります。
その為、到着日が近く記載されている場合は怪しむ必要があります。

安心して使えるアイピルの秘密

安心して使えるアイピルの秘密

アイピルは世界で広く利用される人気のアフターピルです。それは、女性が安心して利用できる、アイピルならではの秘密があります。

1つは通販で買うことができる、ということがありますが他には一体どんなことがあるのでしょうか。

続きを読む

避妊が失敗!どうしよう?

避妊が失敗!どうしよう?

もし、性交渉を終えた後に避妊に失敗していることに気付いたら、すぐにアフターピルを服用しましょう。

避妊成功の為には、時間が大きく関わっています。それには購入方法も大切なカギになります。

続きを読む

使い方を間違えると妊娠する?

アフターピルの常用で避妊失敗、そして妊娠

性交渉後でも避妊が出来るアフターピル、だからといって毎回終わってから服用していいものではありません。

女性の身体にはとても負担の大きいものなのです。また、使い方を間違えた場合は妊娠の確率を上げることにもつながります。

続きを読む